BLOG

「今年の暑さは特別ですね…」
毎年恒例ではありますが、こんな挨拶からお客様との会話が始まる季節の到来です。

梅雨が明けた途端に一気に気温が上がったので、身体が慣れるより早く、仕事が夏モードに突入してしまいました。
冷房の効きが悪いと困るのが、店舗様や福祉施設様です。
エアコンの効きの問題もあるのですが、意外と重要なのが換気の問題です。籠もった熱を排出することでエアコンの効率を高めたり、機械の故障を防ぐことも考慮せねばなりません。

特に火を使う厨房では、その熱量をエアコンで抑えることは容易ではありません💧
こちらは、厨房に有圧換気扇を増設するために、コンクリートコアドリルで16発の穴を開け、四角にくり抜いて枠を埋め込みました。
つくば市の事業所新築現場では、天井が上がる前にダクトを張り巡らせます。
そして夜には、水戸市内の会社様から、急ぎで休憩室にエアコンを付けて欲しいとのご要望。
急遽駆けつけ夜間工事です👷‍♂️
以前から手掛けていた、水戸市内の新築マンションがいよいよ引き渡し間近となり、天吊り室外機の下部ドレン設置と試運転に伺いました。

すべて冷え具合も良く、ドレンの排出も確認して完了することができました。
そして、 東海のラーメン店に店休日を使って、厨房のスポットクーラーの設置に参りました。

4馬力のビルトインタイプの冷房専用機を天井裏に吊り込み、4系統のダクトを厨房に流します。
1日で完了しなければならないので、天井補修を採らず、フルパネルで隠して完成しました。
そして、そして夜には飲食店様の個室客室のエアコンが壊れ交換に…
仕込み壁にエアコンを納め、木枠で隠してスッキリ収めることができました。
素敵な客室なので、やはり白物家電は似合いませんものね。
ふと気が付けば23:30。
今週になって当日中に帰社できたことがありません💧💧
エアコン業界は繁忙期で慣れてはいるのですが、日中の暑さもあり若干バテ気味です。

機械を設置した後の、従業員様やお客様が心地よく涼んでいる姿を思い浮かべ、まだまだ始まったばかりの今年の夏を乗り切っていこうと思います!

☆皆様もこの暑さで体調等悪くされないよう、くれぐれも気をつけて下さいませ☆

エアコンの一本釣りです!

今日は水戸市内の店舗様にパッケージエアコンの入れ替えに伺いました。
自社の仕事ではなく、工事仲間からのお誘いで手伝いとして入らせてもらいました。

最近、終日現場の機会があまり無かったのですが、御指名とあらば老体にムチ打って馳せ参じました💧
室外機が屋上に設置してあったので、クレーンを呼んでの入れ替えです。

次々と釣り上げられる室外機。そして新しい機械を釣り下げての往復です。
室外機の設置が完了し、中外二手に分かれて作業に入ります。
室内機も撤去、撤去、撤去!
お店は営業しながらの工事だったので、お客様にも大変ご迷惑おかけしました💧
何より道具や部品を落としたりで怪我等あったら一大事なので、クレーン作業同様に慎重に進めます。

外した機械は一纏めにして、運んでもらうのを待ちます。
入れ替えた室内機。ワイドパネルを挟んで見栄え良く仕上げます。
夏場は大汗かいて、汚れが機械にも付いてしまうので、綺麗に拭き掃除をして完了です。
あまり力にはなれなかったかもしれないけど、こうやって声を掛けてくれる仲間達。
工事の業界での先輩達でもあり頼りにしています。

ひさびさの3ショットで記念撮影!


水戸市銀杏坂の表通り(東照宮の向かい側)に中華居酒屋さんがオープンしました!

知人の紹介でエアコン取り付けに伺ったのですが、流れで看板の取り付けも請けることになり、本職ではありませんが挑戦させて頂きました。
店主様との事前の打ち合わせに沿って、グラインダーでLアングルを切り出していきます。
壁に残されていたアンカーを使って、架台をボルトナットで固定していきます。
おじさん達を手伝ってくれようと、お子さんの達園くん(店名の由来)もハシゴに登っちゃってます。
ありがとう!でも、危ないよー⚠️
店名の入ったシートを鉄板に貼り付け、下穴を開け裏側からビスで木枠を打ち付けます。色合いも良く、店主様と頷きながら自画自賛^_^
店主様はホテルや料理店で修行を重ね、今では数店舗の経営者。味に自信あり、お弁当もやってます。
先に組んであった架台に完成した看板を固定して遂に完了。
御家族で笑顔満点💮
これでオープンを迎えることができます!

このところ水戸駅前は少し人が戻ってきた感があるので、大繁盛に向けて頑張って下さい!

皆様も水戸駅付近にお立ち寄りの際は、中華居酒屋[達園]をどうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m
日立市でリフォームに合わせてのエアコン工事に伺いました👷‍♂️
お客様のご要望として、1Fの4部屋に取り付けるエアコンを1つの室外機で賄いたいとのことでした。

こちらで御用意したのが、ダイキン製の4台マルチエアコン。室外機は3馬力です。
先ずは各お部屋に室内機を掛けていきます。
断熱性の高い作りのお宅なので、貫通部はスリーブを入れた上に隙間にウレタンを注入して処理しました。
さすがに4台ともなると、各所から1つの室外機に配管するのに長い距離を張り巡らせなければなりません。
ここが腕の見せ所!なるべく目立たずに、かつ綺麗に化粧カバーを巡らせます。
外壁部は雨樋に合わせてアイボリー色で、基礎に貼る部分はグレー色に使い分けて、系統が合わさる毎に膨らませて行きます。
ゴールは裏手にある室外機に結び込みます。
4系統を繋ぐと、かなり複雑でメカメカしく見えますが、何か充実感を感じることができました!笑
各冷媒管と渡り線がヤンチャ(別々)にならない様に、装備されている誤配線チェック機能を使い確認します。なんとチェック時間20分!

その感にお客様に使い方の説明をさせていただき、誤配線もなく無事試運転完了です。

施工のし易さや製品のバリエーション、アフターの対応も含めて、最近本当にダイキンが好きです!
大きい企業なのに空調機への心意気を感じられるというのはスゴイことだと思います。

見習いたいものです😌
ひたちなか市の工場内に新たな検査室を設けるとのことで、旧検査室から天吊り型のエアコンを移設してまいりました。

最終的には下写真の様にまとまったのですが、なかなか手強い工事で、ナゾナゾを解く様な段取りでした。
それと言うのも、先日に撤去してきた機械というのが、内機重量で100kgあり、移設先の天井高は4.5m
、さらに検査機械が既に設置してあるので、1.5m間隔でしか作業スペースが確保できません💧
左サイドには高所作業車をギリギリ滑り込ませ、逆サイドには10尺の脚立を立て、真下にはアッパーを立てて、ゆっくりゆっくり持ち上げました。
内機さえ吊れればこちらのモノという事で、配管溶接部隊と、カバー取り付け部隊に分かれ、一斉に作り込みました。
古い機械だったので、復旧できるか心配もあったのですが、試運転すると轟音を立てて冷風を吹き出してくれました。
大きいだけに風量もあり、温度管理される検査室もこれで稼働することが出来そうです。
最近、メンテ班で別行動が多かったので、皆でかかる現場をチームワークで完成することができて弊社としても嬉しい限りです!
今日は栃木県は真岡市のカットハウスひかり二宮店にエアコン工事に伺いました!

既存の天カセが故障してしまい、修理はせずに新規で設置の依頼をいただきました。
機種はダイキンの壁掛けタイプ。
皆様ご存知の形ですが、れっきとした業務用です。
冷媒配管は天井裏を通して、裏手にテープ巻きで下ろしました。
間仕切り壁への設置なので、ドレンの処理が問題でしたが、裏側がスタッフ様控え室だったので、そちらを通らせていただき外部に。
奥の機械は永い眠りに就いておられるので、電源を頂戴し、寄り添うように設置いたしました。
カットハウスにおいて、エアコンに求められる能力としては風量や風向の調整が効くものとのことです。
切った髪が飛び散ってしまったり、顔の片側だけが冷えてしまったりと、やはり状況に応じた機種選定や設置が必要なのだと改めて勉強させていただきました。
この時期少し汗ばむ陽気になると、各地で一斉にエアコンから水が漏れ始めます。

神栖市の福祉施設から連絡が入り、駆けつけ対応に向かいました。
現場は厨房内の天吊りエアコン。
予想より大量の水が溢れています。

漏れ箇所をみると機械本体にも水が伝っているので、ドレン中心に原因を当たっていきます。
機械側とホースの接続部を外してみると、機械側からは水がスムーズに流れてくるので、ホース側の詰まりによる逆流に原因がありそうです。
とは言え、ホースを詰まらせる汚れは機械から出ている可能性があるので、ドレンパンを外して分解洗浄しておきます。
結果、こちらに詰まりは無かったのですが、錆の欠片やノロの様なものが付着していたので、洗浄しておけばしばらく安心ですね!
熱交のフィンは比較的キレイでしたが、目詰まりしてるところだけ直してあげて、気が付けば修理というよりクリーニング状態。
ドレンの配管も取り外して確認したところ、横引きのところで詰まってしまっていたので、新しく作り替えて復旧!
幸いと言うか、早いうちに水漏れが起きてくれたので、夏場の最盛期にエアコンが使えないという最悪の状況は回避できました。

これからの時期、この様な修理が確実に増えてくるので、我が社も今日から看板を掲げようと思います。
「水漏れ修理はじめました!」🍧笑
ひたちなか市のくるま屋さんで、事務所用にトレーラーハウスを設置して、そのエアコン工事に伺いました👷‍♂️
外部は化粧でタイルを貼っているので、ビスの下穴を開ける際は要注意!
慎重にいかないと、簡単にパリッと割れてしまいます。
室外機は、トレーラーを牽引する骨組みの上に乗せました。
以前にも何件か施工しましたが、室外機の置き場としては一番収まりが良いようです。
カバーの色目を合わせて、入り口側の目立つ場所ですがスッキリとまとめることができました!
お客様にも気に入っていただけた様です。
日立のシロクマくん。
オートクリーン機能付きなので、試運転時に作動確認。異音がないか?ガタつきがないか?リモコン操作の反応が悪くないか?等々…
ひと通り確認して作業完了となります😌

例年より早く冷房を使う日があったからでしょうか、エアコン修理の依頼が相次ぎ、今日は宇都宮方面にルートを組んでみました。
先ずは地元大手スーパー様に入っているテナント内のルームエアコンですが、テナント部は増設や改修を何度かされているようで、部屋の仕切りや天井裏配管も入り組んでいて、室外機を探すのに一苦労…
長梯子をかけて屋上に上がり、さらに長梯子をかけて別の屋根に降りて、やっとのことで機械置き場にたどり着きました。
内外機が離れた場所にあるので、携帯で連絡を取りながら作業を進めます。
テナント様は営業をしながらの工事なので、埃や音にも注意しながら、入れ替えを完了しました。
2件目は二宮の店舗様の天カセ修理、こちらも入れ替えを視野に入れての現調兼ねてでしたが、電源を落としてリセットをしてみたところ、リモコンのエラー表示の履歴を見ることができたので、メーカーに問い合わせをしてみました。
技術相談の担当者さんとのやり取りで、どうも室外機側のヒューズが接触不良を起こしてるのではないか?というアドバイスをもらったので、早速調べてみると、2本あるヒューズの内1本のハンダ部にクラックが入っているのを見つけることができました。
こうなると、ヒューズホルダーも焼けている可能性があるので、部品のメーカー在庫を確認して、交換修理のお見積もりを、新規入れ替えと一緒にお出しすることができます。

修理は正直なところ、応急的な場合のみであまりお勧めできません
。一定の年数が経ってしまうと、せっかく直したのに肝心な時に他の部分が壊れてしまったりと、イタチごっこに成りかねないからです。

しかし、修理と交換の選択肢を御提示できた方が、お客様にも安心信頼いただけると思いまして、私どもは、故障修理の際は必ず原因特定に務めるようにしています。
千葉県八千代市のジョイフル本田内にある、シャンプーカットアルファ様の新規電気工事。本日最終仕上げに伺いました。
オープンを間近に控え、各業者さん達も細部の仕上げに余念がありません。
こちらの店舗は、最新のシャンプー台が設置してあり、カット含め1,800円という価格設定になっています。
今日もジョイフル本田には、沢山の方が買い物に来ていて、4/4のオープンからは大繁盛間違いなしという感じです!

私たちも、コンセント🔌の増設を3カ所とガス乾燥機の排気ダクトを設置して、こちらでの作業が全て完了となりました。

☆オスク大野さん、アトリエ翔石井さん、タッグミー萩原さん等、皆様大変にお世話になりました。
また現場を御一緒させてもらえる日を心待ちにしております。ありがとうございました☆
鉾田市の新築ガス工事でエネファームの設置に伺いました。
最若手の彼は、ガス工事修行中ですが、エネファームは初めてで興味津々!

オール電化の波に呑まれたガス業界が、浮沈を掛けて開発した画期的な機械。なんとガスを使って発電してしまいます!
特に先の震災以後、エネルギーの分散化や緊急時にも止まらない電気ということで、一斉に普及しました。
当時、私も相当な数のエネファームを施工させてもらいましたが、今日の機械は当時よりコンパクトになっていて、ルックスもスタイリッシュになっています。大分こなれてきた印象ですね!
ガス配管工事と同時進行なので、人数をかけて仕上げていきます。
ガス工事といえばこの風景ですね。
旋盤でネジ切りして、バイスに咬ませて組み上げていきます。
設備士の資格試験を思い出します。


ひたちなか市で新築のお宅にエコワン(ハイブリッド給湯器)の設置に伺っています。

事前に打ってあった土間の上に6本のアンカーを打ち、機械を固定する準備をします。
設置した機械にはECOONEのエンブレムがキラリと光ります。
熱源器は省エネタイプのエコジョーズ。

こちらは、放出熱を再利用する時に出るドレンを流す経路を作らなければならないのですが、機械内は配管類で混雑しているので毎度苦戦します。
裏手は作業スペースがあまりなかったので、奥と手前の2人挟み撃ちで進めます。

お互い声をかけ合いながら、作業を完了することができました。